思生活

平成初頭に誕生日した永遠の0歳(イボ痔)。音楽、ガジェット、ゲーム、雑学、疑問、ネタ、酒、くだらないことを全力で感じるままに記事にしていきたい。

第二回ラマダンダイエット途中経過報告(断酒という名の修羅に入る編)

ふと仕事中に夕方ぐらいから酒が飲みたくなり、友達に連絡を取り始め、毎日飲み会にいくようになってからおよそ一ヶ月、思ったことがある。

 

酒よりも飲み会が好きなのである

 

もちろん晩酌は家でもするが、何より友達と酔って気持ちよくなって一文の得にもならない話をするのがある種生き甲斐になっているのかも知れない。

そもそもこの性格に原因がある。人見知り、根暗、警戒心の強さ、表情が出ない、様々なマイナス部分をお酒のパワーは一気に取り払ってくれるのである。学生時代に初めて飲んだ時の事を今でも思い出す。公園で缶チューハイかなんかを飲んだ。かる~く身体があったかくなっていく、酔っ払うとは程遠い感覚。何本か飲むに連れて次第にグラグラし始める。そして気分が良くなり、人と物怖じせずに話せるようになる魔法がかかる。当時の私には革新的だった。

ちなみに大学生の時に友人宅でのたこ焼きパーティーの時に友人達は俺らで準備するからと、私が緊張シイなのを分かっていてわざと超可愛い子と部屋に二人きりにさせられた時も緊張しすぎて準備が終わる、ものの20分弱でウイスキーを一瓶開けていた事がある。友達が部屋のふすまを開けた時には私はなぜかその子の前でよつんばいになり、アナルを見せていた。その子も爆笑していたら良かったが、コンプライアンスが厳しくなっている現代では到底できない所業であった。懲役モンである。お酒を飲むことによって私の暗い性格は180度どころか1080度回っている状態になる。羞恥心も何もかもなくなるのである。

ちなみに変態ではない。100%ウケる状況でないと絶対に脱がない。なのでこのブログを見て私に嫌悪感を抱いたあなた、大丈夫。絶対に脱がないからね。

 

話を戻すと、ラマダンダイエットを始めて1ヶ月ちょっとたった。当時83キロだった体重は77キロ強ぐらいになった。ここであと10日後に控えている友人の結婚式の為に酒をその日まで酒を辞めようと思う。

 

酒を辞めようと思う。

 

大事なことなので2度言いました。

 

おそらく予想では74キロぐらいにはなっていると思うのでそっから目標まで6キロになる。頑張っていきたい。

 

大好きなお酒と10日間も離れるなんてほんとに寂しいし悲しい事だけど、誰かのためなら痩せられるので頑張ります。