思生活

平成初頭に誕生日した永遠の0歳(イボ痔)。音楽、ガジェット、ゲーム、雑学、疑問、ネタ、酒、くだらないことを全力で感じるままに記事にしていきたい。

007ゴールデンアイでいとこを失禁させた話~いとこは二度漏らす~

当時中学生でニンテンドー大乱闘スマッシュブラザーズが流行ってて、そのちょっと前か後に発売したのが、007ゴールデンアイだったと記憶している。

そういえば、スマブラ世代の私たちの年代の人にスマブラの話をすると、決まってみんなこういう。

「俺地元じゃ負け知らずだったぜ」

修二と彰かよオメーは。

そしてそういう人ほど決まって私よりも弱い。

ちなみにそういう私もスマブラは弱い。昔幕張メッセで開かれたゲームイベントに家族でいき、その場でバトルして勝ち上がれるスマブラがやってて、たまらず弟と参戦した(私はファルコン使い)が、私のグループでは4人ファルコンで一回戦敗退。続く弟は準々決勝ぐらいまで勝ち進んで賞品としてスマブラのビデオをもらっていた記憶がある。

話は戻るが、私の007の自信は俗にいう「俺地元じゃ負け知らずだったぜ」になる。

使っていたキャラクターはヴァレンティン。デブのおっさんである。弾を食らわないデブのおっさん。ちなみに007ではハンディキャップをつけることが出来る。防弾チョッキ制度である。私だけ生身で一発食らったら死ぬ状態で勝つことも余裕だった。

そんな中あの時代どこの家にもニンテンドー64があって、親戚の家だろうがどこだろうがずーっと64をやってたある日。

 

 

おかんの実家で事件が起きた。

いとこは5歳下ぐらいのかわいい顔した男の子であるが、それだけ歳が離れていれば、まず、この私に勝つことは不可能である。

 

故に私はゲーム内でふざけだした。

 

具体的にいうと、64のコントローラーにはCボタンというものがあり、007に関して言えば平行移動したりできるボタンである。ヴァレンティンはガンダムのラストシューティングばりに上を向き銃を構え、あとは小刻みにCボタンを左右に連打する。

そうするといい歳のスーツのデブのおっさんがピエロのように踊りだすわけだ。

それをしてみたらいとこは爆笑し始めたのだった。

(お、ウケてるやん)

と思い、しばらく繰り返していると、いとこが突如として股間を抑えながら泣き笑いし始めた。

こっちも大爆笑である。

いとこは「あああああああああだめえええええええwwwwもれるうううううううううううううううううううううwwww」っていってた。

俺は爆笑しながらも心の中で(このままやってたらいとこそうなっちゃうんだろな・・試してみるか)と冷静になっていたのをよく覚えている。

そして数十秒をしないうちにいとこの声は更に大きくなり、「あああああああああああああああああああ!!!!!!!」と笑いながら畳の部屋にジョバああああああああとおしっこをいきなり漏らし始めたのだった。気が付くと俺も漏らしそうなぐらい笑っていた。

親戚で集まっていたのですぐにいとこの親が来て、なんで笑い泣きしながらもらしてんの?って顔してみていたが、なんとか誤魔化したのだった。

 

これが007は二度死ぬという事か、と中学生ながら感じた記憶がある。

一度目も同じようなもので、いとこに一個のギャグを繰り返して行ったら数分後におしっこを漏らしていた。違ういとこに大学生の時に同じようなことをやったら同じように失禁していたので、小学生ぐらいの男子は笑かすと漏らすことが分かったのだった。